会計系中小企業診断士みぞえもんのブログ

経営や会計などを中心にゆるめに書いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

久々の筆記試験By転職活動

今日は診断士2次以来の筆記テストでした。
本日選考があった某コンサル会社での筆記試験です

なんせ昨日いきなり選考が・・・・とか
エージェントからいわれたので、当然なにも対策せずでしたが
自分が死ぬほどきらいな大学入試みたいなのでは
なかったので助かりました。。。。
むしろクリティカルパスとか出題されたので、
ちょっと診断士チック♪
大学入試みたいなSPIは嫌いなので、こんなやつばっかならいいんですがねー。。。
スポンサーサイト
[ 2006/11/28 23:42 ] 日常 | TB(0) | CM(3)

読書日記 白洲次郎 占領を背負った男

評価 ☆☆☆☆     (最高は☆☆☆☆☆)
内容の中心は吉田首相の腹心だった白洲氏が
敗戦後の占領体制の中での役割を克明に書いています

GHQとのやりとりのくだりなどを見て
この人がいなかったら日本の占領後は
えらいことになってたのは間違いないなーと感じました。
GHQの中には日本を共産化しようとしていた勢力
もあったらしいです。。下手すりゃ日本は北朝鮮・・・・
事実上通産省を作ったのもこの人らしいです
いやーほんま凄いですね。
通産省なしに日本の成長はないですもんね

発言などの生き様もかっこいいおじ様です
あの時代のGHQ直言できるのはほんま凄いです
こんな年のとり方ができれば本当に幸いです。

白洲次郎 占領を背負った男 白洲次郎 占領を背負った男
北 康利 (2005/07/22)
講談社

この商品の詳細を見る
[ 2006/11/25 23:42 ] 読書日記 | TB(0) | CM(2)

プロ野球ドラフト会議2

最近転職活動などで試験の超多忙期並みの忙しさなので
先日の社会人・大学生ドラフトについて書きそびれてました
では感想を(星は個人的な感想です)

パリーグ
ファイターズ(☆)
宮本投手は希望枠の価値があるのかはなはだ疑問
ソフトバンク4位の森福投手辺りの方が上のような気がする
ウエーバーとはいえ3位が糸数投手ってもの・・・・
高校をあわせたら、最もドラフト負けた球団のような

ライオンズ(☆☆☆☆)
岸投手を巨人から横取りされなかっただけで
☆四つです。よく死守できたなーって感じです。
あとはあいかわらず「ライオンズのマイペース指名」って感じですね。またあっというところから凄い選手が出てくることを期待します。

ホークス(☆☆☆☆☆)
森福4位は反則ですね。しかもその上は大隣ですし。。。
キャッチャーもいいのをとりましたし、高校ドラフトで大負けしたのを取り返せましたね。

マリーンズ(☆☆☆)
とにかく高校生ドラフト同様個性派ぞろいですね、
神戸選手は1か100の選手のような気がします
100の時は楽しみですね。

バッファローズ(☆)
捕手や投手など補強点だらけなのに、2人しか指名していなのは謎。
しかもけが人さえ治れば平野・後藤・阿部・森山などニ遊間だらけなのに、大引選手を指名さたのも謎。阪神への嫌がらせでしょうかね。。。

イーグルス(☆☆☆)
とにかく嶋捕手です、本当にいい選手です。インタビューなどをみましたが、ほんとうにクレーバーです。
監督も野村さんですし、リーグを代表する捕手になる可能性もあると思います。


セリーグ
ドラゴンズ(☆☆☆☆)
浅尾・清水と本当に楽しみな投手が二人も獲得できました。
若手の捕手が皆無のなかで希望枠で田中捕手の獲得も納得できます。さすがチャンピオンチーム確実にチームを作っていますね

タイガース(☆☆)
大引選手がバッファローズに持っていかれて全て狂ったといった感じでしょうか。上園選手が3位は苦しいですね。まあタイガースはここ5年くらいはドラフト勝ちまくりだったので、ちょっと一息といった感じでしょうか。
小嶋投手の希望枠は自分は面白いと思います。小嶋選手はいわゆる「お約束選手」(数年後の逆指名を確約して、社会人や大学の進級させること)です。
最近の「お約束選手」では内海投手や新垣投手がいますが、この2名もかなり前評判は悪かったですが、現在の実績は誰もが認めるものなので、小嶋投手も数年後ビュンビュン投げているかもしれません。高校の時で凄い素材だったのは間違いないので、頑張ってほしいですね。

スワローズ(☆)
事実上高市投手のみのドラフトですね。逃げのスワローズ健在って感じですね。。。トホホ

ジャイアンツ(☆☆☆☆)
☆四つは四国リーグの深沢投手指名に敬意を表したものです。四国リーグからの初指名は大変意義があると思います。
しかし育成ドラフトでの大量指名はえげつないですね、しかしその前にドラゴンズやタイガース、ライオンズ、マリーンズみたいな若手育成のノウハウを確立した方がよいと思うのですが。。。。

ベイスターズ(☆☆☆☆☆)
高崎・木村の好素材を二人も確保したのは、凄いですね
高校ドラフトも総合したら、今年一番の勝ち組かもしれませんね。
あと27才の下窪外野手は高校の選抜優勝投手です。まさに天国→地獄の苦労人です、頑張ってほしいですね。
[ 2006/11/24 21:48 ] 野球 | TB(0) | CM(2)

読書日記 気で言いたいことがある さだ まさし

評価 ☆☆☆☆     (最高は☆☆☆☆☆)
最初に断っておきますが、本です。音楽ではありません。

正直さださんには「説教くさいおじさん」くらいのイメージしかなかったのですが、この本を読んで「結構いいこと言ってるおじさん」という評価に変わりました。

主に氏の家族・教育・宗教・社会感・その他の精神感がテーマです。
家族面は若干女性蔑視??ともとれるので、あまり賛同できない点もありましたが、
教育面で記憶偏重教育をやめろとか、
社会面での国防論など
の主張面等賛同できる点が多かったです。
宗教面も靖国の所意外はおおむね賛同できました

最後に話し上手は聞き上手という話は「グサ」って感じです、
とにかく自分は聞き下手ですが、(短期の未来か長期の未来は別にして)今後やりたいなーって仕事は確実に聞く力が要求されます。
まだまだ人生修行ですね。。。。



本気で言いたいことがある 本気で言いたいことがある
さだ まさし (2006/04/15)
新潮社

この商品の詳細を見る
[ 2006/11/23 22:04 ] 読書日記 | TB(0) | CM(1)

読書日記 若者はなぜ3年で辞めるのか? 城 繁幸

評価 ☆☆☆☆     (最高は☆☆☆☆☆)

自分もその3年以内に辞めた人なので、どんなものだろうと思い読みました。主に年功序列システムが制度疲労になっているというのが、作者の主張です。

若者が辞めるストーリとして
実態としては成果主義に入りつつあるのに、中高年層の処遇維持のために若手社員が適切な処遇を受けれない→しかし若手社員はリストラなどを見ているので終身雇用・年功序列は信用できず低処遇での滅私奉公でやる気がなくなる→やめる
といった会社が多いとのことです。

ここ数年経営学の勉強をした感想としても、終身雇用は場合によっては維持可能かもしれませんが、年功序列はもうあかんやろなーって感じることが多いので、主張に共感できる部分も多いです。


若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来
城 繁幸 (2006/09/15)
光文社

この商品の詳細を見る
[ 2006/11/21 23:54 ] 読書日記 | TB(0) | CM(4)

ドン小西

さっき難波なマルイ周辺を散策していたら
ドン小西を見ました。
マルイのイベントでファッションショー
の評論をしていました。

しか実物を見ると改めて
フサイチ軍団の関口会長に似てますね
正直いまだに見分けがはっきりつきません('A`)
[ 2006/11/19 15:32 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

読書日記 「ニート」って言うな 本田 由紀、内藤 朝雄 他

評価 ☆☆☆☆☆     (最高は☆☆☆☆☆)
評価は第一章に対してです
あとのものはちょっといまいちわかりませんでした

その第一章ですが、これはかなりよかったです
個人的に数人のニートの知り合いの方とお話ししたりした実感から感じたことと作者との分析の見解がほぼ一致していました。

詳しくは本を読んでいただきいただきたのですが
統計的に自分が普段から「ニート対策は分類しないと無理」
というのを実証していただきました。
ニートというカテゴリーのみで対策をするのは無理だと思います。細分化が必要だと思います。
この本の統計でもニート層でも俗にイメージされている「ひきこもり」はニート全体では一部でしかないなど、ニートの本質を知るのはよい本だと感じました。


「ニート」って言うな! 「ニート」って言うな!
本田 由紀、内藤 朝雄 他 (2006/01/17)
光文社

この商品の詳細を見る
[ 2006/11/12 23:15 ] 読書日記 | TB(0) | CM(2)

旅行日誌5 島根県松江市1

このシリーズ超久々です。
先週の放浪日誌で復活です、第一弾は松江です
今日は主に宍道湖やら、松江城について書きます

夜行バスで早朝に松江駅についたのですが
ところがいきなり霧だらけ
松江駅1


松江駅2




でどうなることかと思い、霧の宍道湖畔で朝飯を食べたり、本を読んだりして、松江城の開門時間まで暮らししていました。

そんでもって松江城ですが、日本でも数少ない昔からの現存天守閣のということもあり、素晴らしいお城でした。
見所は繰り返しになりますが、やはり天守閣でしょうか。これを見に出雲行きのバスを途中下車したといっても過言ではありませんでしたので。
またこのころには朝霧も晴れて爽快にお城攻めができました。

あとは水郷の町というだけあり、お堀も結構見ごたえがありました、団体でいったら堀川くだりにいきたかったです。


天守閣の写真です
20061110231659.jpg


天守閣の中です
松江天守閣2



天守閣最上階からみた大山です
松江天守閣3


あとは城下町も素晴らしかったのですが、それは次回に譲ります。

そんでもって霧の晴れた宍道湖です。

朝だったので、名物のシジミ漁などもみることができ勉強になりました。その地方ならではの景色っていうのは本当に旅行に来たって感じでよいですね。
宍道湖

[ 2006/11/10 23:34 ] 旅行体験記 | TB(0) | CM(4)

2年ぶりの野球観戦 by日米野球

日米野球を観戦してしてきました。
メジャー狂としてはこれだけは糞忙しくても欠かせません
1998年に初めて行ってからこれで5年連続観戦です。

しかしここ数年勉強に追いまくられ、応援球団も消滅したので、久々の野球観戦になりましたが(ちなみに前に観戦したのは前回の日米野球です・・・・)
やはり野球はいいですね。来年こそはどこか応援球団を持とうかなー。

感想は2冠王ハワードはマジ凄かったです、なんであんなに簡単にホームランになるねん!って感じです。ライトのスイングスピードも鬼ですね。あとは外野陣の守備が本当に凄かったです。さすがメジャーです。

ちょっとむかついたのは、近くに座っていた愚か者がウエーブ煽ったり、やかましく騒いでいたことです。メジャーの空間はじっくり野球を見るのが流儀だと思います。なので応援も自粛しているのではないでしょうか?自分みたいに本当にメジャーリーガーのプレーを見に行っている人間からしたら本当に迷惑です。

口直しに写真コーナー
(デジカメが今回の放浪でクラッシュしたので、携帯でとったものなので、見苦しいかもしれませんが・・・)

日米1

場内の写真です

日米2

球場の外観です
[ 2006/11/07 23:28 ] 野球 | TB(0) | CM(0)

放浪から帰ってきてビックリしたこと

1 元ブルーウェーブ・野村投手逮捕。
野村投手はブルーウェーブファンの時代はあの小気味のよい投球が好きで、リリーフで一番好きだったので本当に憤りを感じます。しっかり罪を償って欲しいです。

2 尼崎の中学生自殺。
ここの中学もしかしたら自分の母校かもしれません。
自分の母校は記憶が確かなら、日本でゆういつ2つの公立中学が隣同士に立地してます(かなり昔に珍しいとのことで、投稿!特ホウ王国という番組にも取り上げれれたことがあります)
ニュース映像で自殺学生の学校が出たのですが、間違いなくどちらかの校舎です。50%の確率ですが、母校がこんなかたちでニュースにでるのは本当に残念です。
[ 2006/11/05 23:54 ] 旅行体験記 | TB(0) | CM(4)

放浪から帰ってきました

放浪から帰ってきました
詳細は別途のんびり書くとして
概略です

移動経路
30日 夜バスで出発
30日 →着→出雲→山口の県境で一泊
31日 →萩→山口県内で一泊→
1日 →下関→小倉→門司港→新門司→フェリーで帰還
2日 →南港→家

一言感想
1 松江城はすばらしい
2 出雲大社ちっさすぎ。。。。
3 萩の街が本当にすばらしかったです。松下村塾などよくぞここまで色々残ってるなーと思いました。先人に感謝です
4 下関は凄い面白いものが色々あるのですが、観光の街としての整備が遅れてるなーって感じでした。安部首相は「美しい国」の前に「美しい故郷」の整備をした方がよいのでは・・・。駅弁のふくめしはかなりうまかったです。
5 北九州(門司・小倉)が時間がなかったので、ちょっとまわりそびれたので、またいつか改めて行きたいです。
6 夜の門司港が本当にきれい。

結び
島根で本州の県を全訪問しました。
日本制覇まで残り2県!



萩の町で完全にスイッチが入りました。
また今日から転職・勉強頑張ります!
[ 2006/11/03 23:34 ] 旅行体験記 | TB(0) | CM(7)
カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

みぞえもん

  • Author:みぞえもん
  • 会計を通じた企業参謀やらCFOを目指して精進中の中小企業診断士です。
     総合電機メーカー系の中堅企業やベンチャー企業で経理・税務経験を積み、現在は会計系のコンサルファームで事業再生を中心に経営改善のお手伝いをしています。
     2009年に中小企業診断士登録いたしました。日商販売し1級も取得しています。
カウンター

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。