会計系中小企業診断士みぞえもんのブログ

経営や会計などを中心にゆるめに書いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

この人日本で3本に指に入るくらい嫌い

山口県光市の母子殺害事件の被告やオウムの松本被告の弁護人安田好弘とかいう弁護士です。
あんま名指しで意見を言いたくないけど、この弁護士ほんま酷い。
死刑反対なら他の手段で戦うべきなんやないですか?
そもそも犯した罪をそれ相応に裁くために、法律というものがあるのではないでしょうか?
自分は現行の刑法の最高刑(極刑)が死刑である以上は、このような凶悪犯は死刑で裁かれるべきだと思います。法のもとに仕事をする人間のあるべき態度として、この弁護士には疑問を禁じえません。
刑事裁判の場と法律の改正論は別問題です。それなら法務省前で毎日座り込みでもしろと思います。
それか国の基本的人権の侵害ということで法律家として違憲審査でも提起したら?と思います。

付け加えて、この弁護士の嫁をレイプしたあげく子供と一緒に殺されたり、友達や家族がサリンで殺されたりしても、その犯人の弁護人をやってもらいたいもんですね。
果たしてそのときに、同じこといえるんでしょうか?
普通の人間なら最高刑(極刑)に処してくれって言うのではないでしょうか?
自分はこのような偽善者が一番嫌いです。
スポンサーサイト
[ 2006/06/20 23:55 ] 日常 | TB(0) | CM(3)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2006/06/21 14:15 ] [ 編集 ]
おかしな弁護士が多すぎます。「正義を守る」のではなく、「自分が弁護する人間を無茶苦茶な理屈を通してでも罪を軽くする」のが弁護士の使命なのでしょう。

裁判員制度が始まると、一般国民が判決に関与してきます。死刑判決が激増するのは間違いなし。
[ 2006/06/21 17:22 ] [ 編集 ]
本当ですね。
しかし裁判委員制度で裁判改善してほしいですね。少なくとも日本ではOJシンプソン判決のようなものは出て欲しくありませんね。
[ 2006/06/22 11:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

みぞえもん

  • Author:みぞえもん
  • 会計を通じた企業参謀やらCFOを目指して精進中の中小企業診断士です。
     総合電機メーカー系の中堅企業やベンチャー企業で経理・税務経験を積み、現在は会計系のコンサルファームで事業再生を中心に経営改善のお手伝いをしています。
     2009年に中小企業診断士登録いたしました。日商販売し1級も取得しています。
カウンター

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。