会計系中小企業診断士みぞえもんのブログ

経営や会計などを中心にゆるめに書いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読書日記 甲子園への遺言―伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯

評価 ☆☆☆☆☆     (最高は☆☆☆☆☆)
今年の高校野球は凄かったですね。
早稲田実業の皆様おめでとうございます。

そんな季節だからこそ、この本を読んでみました。
一言めちゃ感動いたしました。

あらすじ:南海やロッテ・オリックスなどで名打撃コーチとして腕を振るわれれ、最後は高校野球の監督として甲子園を目指してコーチ家業のからわら教職を取得され、念願の高校教師となってあと少しで監督になるというところで、癌により他界された高畠導宏さんの生涯についての話です。

感想:この高畠さんというかたは教え子をあげたら、中日監督落合氏、カージナルスの田口選手、元ロッテで首位打者の西村氏・高沢氏、などなど早々たる面々でもわかるように球界屈指の打撃コーチでした。その方が60歳を前に第二の自分の甲子園に出るという夢をかかげ教師になられたという姿に、人間の年齢って関係ないなって思いました。

プロ野球での指導方針もユニークかつでアイディアマンだったそうですが、その裏で本当に色々勉強されていたそうです。高校教師になろうと思ったきっかけもそもそもはもっと若い選手にわかりやすく教えたいと、青年心理学を勉強されたのがきっかけだそうです。

教師になる寸前にもプロからコーチの要請はあったそうです。そんな確固たる立場があるのにもかかわらず、現状に満足せずに死ぬ直前まで物事に挑戦されていた姿に素直に感動しました。

自分もこんな60歳になれたら最高ですね

甲子園への遺言―伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯 甲子園への遺言―伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯
門田 隆将 (2005/06)
講談社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
[ 2006/08/21 23:59 ] 読書日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

みぞえもん

  • Author:みぞえもん
  • 会計を通じた企業参謀やらCFOを目指して精進中の中小企業診断士です。
     総合電機メーカー系の中堅企業やベンチャー企業で経理・税務経験を積み、現在は会計系のコンサルファームで事業再生を中心に経営改善のお手伝いをしています。
     2009年に中小企業診断士登録いたしました。日商販売し1級も取得しています。
カウンター

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。