会計系中小企業診断士みぞえもんのブログ

経営や会計などを中心にゆるめに書いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読書日記 若者はなぜ3年で辞めるのか? 城 繁幸

評価 ☆☆☆☆     (最高は☆☆☆☆☆)

自分もその3年以内に辞めた人なので、どんなものだろうと思い読みました。主に年功序列システムが制度疲労になっているというのが、作者の主張です。

若者が辞めるストーリとして
実態としては成果主義に入りつつあるのに、中高年層の処遇維持のために若手社員が適切な処遇を受けれない→しかし若手社員はリストラなどを見ているので終身雇用・年功序列は信用できず低処遇での滅私奉公でやる気がなくなる→やめる
といった会社が多いとのことです。

ここ数年経営学の勉強をした感想としても、終身雇用は場合によっては維持可能かもしれませんが、年功序列はもうあかんやろなーって感じることが多いので、主張に共感できる部分も多いです。


若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来
城 繁幸 (2006/09/15)
光文社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
[ 2006/11/21 23:54 ] 読書日記 | TB(0) | CM(4)
中高年も、過労死や過労自殺などの問題を抱えており、全ての年代で働くことに関する問題が山積していると思います。
[ 2006/11/23 08:42 ] [ 編集 ]
はは、その本今読んでますわ
先を越された(w
[ 2006/11/23 12:46 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2006/11/23 22:14 ] [ 編集 ]
〉ぷりんさんへ
おっしゃるとおりです、中高年の話やバブル世代の話ものっていましたよ。
作者の主張は若者云々もありますが、根本は「年功序列ってどぉ?」「陰湿な成果主義はやめよう」の2点のような気がします

〉なんちゃって部長さんへ
タイトル負けしない面白い本ですよ。
ちなみにこの本は旅行に行ったときに宍道湖の湖畔で一気に読みました。結構読みやすい本でした。
[ 2006/11/23 22:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

みぞえもん

  • Author:みぞえもん
  • 会計を通じた企業参謀やらCFOを目指して精進中の中小企業診断士です。
     総合電機メーカー系の中堅企業やベンチャー企業で経理・税務経験を積み、現在は会計系のコンサルファームで事業再生を中心に経営改善のお手伝いをしています。
     2009年に中小企業診断士登録いたしました。日商販売し1級も取得しています。
カウンター

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。