会計系中小企業診断士みぞえもんのブログ

経営や会計などを中心にゆるめに書いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読書日記 1千年、働いてきました  2偽装請負

千年、働いてきました
概略:日本代々の老舗について書いた本です
満足度:☆☆☆

偽装請負―格差社会の労働現場
概略:製造業における偽装請負の実態を書いた本です
満足度:☆☆☆☆

おおちゃくをしてまとめて書いたのではなく
日本の製造業が何か変わってきてるなーってのを実感
できるので二つ並べてみました。

千年、働いてきました
そもそも日本のような1000年とかの老舗とうのは
他にあまり例がないのだそうです。
携帯電話などに使われている部品やバイオの技術
とうも老舗の技術が転用されている実例が取り上げ
られており大変興味深かったです
このバックボーンがあったので
もの作り大国が誕生したのだと思えました

偽装請負―格差社会の労働現場
上記の反面とにかく大企業の人材を
機械とコストとしかみていない実態が
これでもかといった感じで書いてます。

この二つを読んで、何か日本の良さ
ってのが急速に失われているのではないのかなー
っと思ってしまいました。
確かにこの方法ではコストは落とせますが
ノウハウやコアコンピタンスの面ではどうなるのでしょうか。。

最近の品質不良や原料偽装などの諸問題も
根っこは同じような気がします。
日本の製造業に未来はあるのでしょうか・・・・


千年、働いてきました―老舗企業大国ニッポン 千年、働いてきました―老舗企業大国ニッポン
野村 進 (2006/11)
角川書店

この商品の詳細を見る


偽装請負―格差社会の労働現場 偽装請負―格差社会の労働現場
朝日新聞特別報道チーム (2007/05)
朝日新聞社出版局

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
[ 2007/06/24 22:41 ] 読書日記 | TB(0) | CM(3)
先週月曜日のNHKスペシャルで「長寿企業大国にっぽん」という番組をやってました。世界最古の企業である大阪の金剛組は、何と創業1,400年前の飛鳥時代です。その他も花王などの長寿企業の特徴は何処にあるのか?をやってました。
特徴は、①本業を守り通すこと。②常に改良を加えること。③外部の血を入れること。④顧客と従業員の声を聞くこと。という、ごく当たり前のことを、当たり前にやることが大事なんですね。
確かに破綻した企業は多角化に行ったり、家督相続ばかり等、うなづける点もありますね。
[ 2007/06/26 01:10 ] [ 編集 ]
最近確かに偽装不祥事が多すぎ!ですね。これは個々の企業の問題ではなく、なにか日本の社会そのものが壊れているような危惧を抱きます。
[ 2007/06/26 07:20 ] [ 編集 ]
>ランナーさん
おっしゃるとおりだと思います。
企業経営って原理原則・当たり前のこと
を当たり前にやるってのが一番の経営管理だと思います
今自分の会社はハチャメチャなので実感です。
なんちゃってコンサル状態です☆

>ぷりんさん
同感です、何か大事なものを
喪失して行ってるような気がします
あまりにもアングロサクソン的に
よって行き過ぎの様な気がします
[ 2007/06/29 00:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

みぞえもん

  • Author:みぞえもん
  • 会計を通じた企業参謀やらCFOを目指して精進中の中小企業診断士です。
     総合電機メーカー系の中堅企業やベンチャー企業で経理・税務経験を積み、現在は会計系のコンサルファームで事業再生を中心に経営改善のお手伝いをしています。
     2009年に中小企業診断士登録いたしました。日商販売し1級も取得しています。
カウンター

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。