会計系中小企業診断士みぞえもんのブログ

経営や会計などを中心にゆるめに書いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

戦国時代の六本木ヒルズこと安土城にいってきました

19日は名古屋を出て、安土城訪問にいってきました

予想よりもかなり登城が大変でした
それはそうと早速写真です



安土1
登城口の看板です
これにかぎらず、諸所の場所で丁寧に場所の情報が
掲示されていました


安土2
登城口から階段を見上げたものです
ここからも大変さをかんじましたが、いざ登ると
かなりの強敵な城でした


安土3
頂上の天守台あとです。
ちにみに真下に本丸御殿があったそうですが
そこは天皇を向かえるような作りだったそうです
信長が今後何をしかったのかがよくわかりますね


安土4
城跡とは別に天守閣の4階部分と5階部分を復元した
資料館があったのですが、そこでとった復元天主のうち
4階部分です。


安土5
同じく5階部分の最上階部分の信長の間とされているとこです
とにかく豪勢ですね。晩年は神とあがめろとっていただけあり
そんな感じの装飾ですね。


移動手段としてはバスとかはなくレンタサイクルで
回る感じでした、空気がうまくいい運動になりました。

総括としては
・城跡に建物などは残っていないが
結構当時の遺構がわかるようにはなっているため
登っていて結構楽しかった。

・石段に時折墓石や石段が使われており
晩年の信長の宗教観があらわれていた

・天守閣のから見下ろすように
天皇を迎える御殿を作ったり
(後の秀吉や家康もここまでは露骨なことはしてませんね)
信長を神様としてまつるような天守閣を作ったり
(おそらく神格化することで、統治の正当性の
根拠にしたかったのかなと)
でこの人は本当に天皇に取って代わろうと
いていたのだと、改めてかんじた。


今回も行って初めてわかったことがあり
なかなか有意義な城訪問になりました



スポンサーサイト
[ 2010/02/21 23:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

みぞえもん

  • Author:みぞえもん
  • 会計を通じた企業参謀やらCFOを目指して精進中の中小企業診断士です。
     総合電機メーカー系の中堅企業やベンチャー企業で経理・税務経験を積み、現在は会計系のコンサルファームで事業再生を中心に経営改善のお手伝いをしています。
     2009年に中小企業診断士登録いたしました。日商販売し1級も取得しています。
カウンター

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。